ヒーリングとは?part4 エリック・パール

今日の私たちのトレーニングプログラムでは、かつてやっていたことよりも更に深いことを教えています。
日本では2015年からNew Reconnectionが始まりました。私こと香月 笑美は、サーティファイドの資格をもつプラクティショナーです。

神に感謝していますから、私たちの誰もが停滞する存在ではないのです。
私たちは学び続け、学ぶにつて分かち合い続けます。

基礎的な、プロフェッショナルのリコネクティブヒーリングの実践者になると、

リコネクティブヒーリングのセッションを求めて、人々があなたの元に来て、あなたは他の人には
聞こえないことを聞くでしょう。

あなたが何かの匂いを感じ、クライアントも匂いを感じます。
身体的には何の匂いも全く感じないかもしれないのにです。

クライアントは目を閉じているときに何かを見たり、傍観者が見る限り感触を引き起こすようなものが
何もないのに何かを感じます。
それはクライアントンを存在の新しい超越したレベルへエスコートしていることでもあるのです。

それは毎回、あなた自身がそのレベルを発見したときと同じくらい興奮する事です。

あなたがやっていることは
地球に光と情報をもたらすことです。
そして、光と情報があるところに、闇は存在できません。

この光と情報を通じて、変容とヒーリングがやってきます。

ヒーリングとは「方法」でもなく、「理由」でもなく、秘訣でもありません。

それは存在の状態です。

ですから恐れと共に、光と情報の中へ踏み込んでください。

愛が存在の状態となります。

その時、存在の状態が愛となります。
そしてそうなることが癒すものとなることです。

あなたは観測者であると同時に観測されるものであり、
愛するものであると同時に愛されるものであり、癒すものであると同時に癒されるものです。

相手と一つになり、自らをも癒す。

あなた自身を癒すとき、あなたは他の人をも癒す。

そして他の人を癒すとき、あなたは自分自身を癒す。

切り離されていたものと再び繋がってください。

他者を癒し、あなた自身を癒してください。

説明することが困難なものもありました。

奇跡が、そしてリコネクティブヒーリングが自らを語ってくれるでしょう。

ヒーリングとは?part3 エリック・パール

初期に持っていた私の信念の範囲に収まるようにこれらのことを向け直す意図があったのかもしれません。
そして、その制限の範囲を理解しました。

ヒーリングがこうあるべきという形を監督したり、意図するのではなく、
あるがままに受け入れるということを教えている一方で、私たちが目にした通り
リコネクティブヒーリングは医師・患者・奇跡といったヒーリングに関するものだと決断した瞬間から、
私は形を押し付けてしまっていたと理解しました。

私が意図していたということが問題ではありませんでした。
その意図が特定のものだったということが問題でした。

期待を込めて目を開き、特定の願望と意図を通して、
リコネクティブヒーリングを期待という最も狭い範囲を通して見ていました。

誰もが読める最も重要な本の一冊であると僕が思う本

「人生に奇跡をもたらす7つの法則」の著者であるディーパック・チョップラ氏は、
意図と願望の法則の一つが「結果と執着を捨てること

それは、特定の結果に対する自分の凝り固まった執着を手放し、
不確実さの知恵で生きることを意味する」と説明しています。

私たちの多くはある程度これを実践しています。

今私たちの多くは、ある程度これを実践しています。

私も、ヒーリングの結果に対する執着を手放すというくらいまでは実践しました。

実践しました。

しかし、結果が「ヒーリングである」という執着は手放していなかったのです。

そのため、私は見方を制限してしまいました。
私の経験によって制限してしまったのです。

今あなたも私も前進することが出来ます。

前進するために、意図を常に自覚していなければなりません。
意図は非常に巧妙にしみ込んでいるので、通常、意識のレーダーのすぐ下あたりを
うろついています。

それらがスクリーンで「ビーッ」という信号を発したら、調べるのは私たちの責任です。

隠された意図というのは、私たちが進む方向に影響し、それは時に意識的な意図よりも強く影響します。
なぜならば、私たちは隠れた意図にしっかりと光と当てて、調べることが出来るよう十分に自覚できない
からです。

恐れを知らなければ、それと向き合うことは出来ません。

この本が与える情報として、あなたは他の多くの方が私たちのすべて、私たち自身の進化的転換を経験しています。

今やあなたは異なる感覚で持って聞き、新たな視野で見ることが出来ます。

あなたは他の人がまだ感じることが出来ないことを感じることを学びました。

この新たな気づきを経験することを学んだ時、超越した存在としてあなたの存在に移っていくのです。

ヒーリングとは?part1 エリック・パール

こんにちは。いつも考えることはない本の一節があります。

それは一番最後の章にあります。

それは「閉じた思考」と呼ばれています。

『リコネクション 人を癒し、自分を癒す』

の本のことをお話しています。

それは「閉じた思考。その不思議のすべて」と呼ばれています。

そこにはこんな風に書かれています。
「この本では、発見としてのヒーリング、理論としてのヒーリング、そして実践としてのヒーリング
について述べてきました。

しかし締めくくりにあたり、もう一つ強調しておきたい側面があります。

それは奇跡としてのヒーリングです。

「奇跡」という言葉は、
まさに超自然的な行いを、引き起こす不思議な出来事を意味しています。
ひょっとしたら神の行いかもしれません。

ではこれについて考えてみましょう。

クウォークやブラックホールや11次元の宇宙において、
『超自然的』という言葉はかつてのような意味を成しませんよね。

「神」という言葉もそうです。

それでもなお、「不可能な出来事」が起きるときの畏敬や驚嘆の感覚というのは、
決して損なわれることはありません。

あなたがこれらのヒーリングを扱う時、あなたは一人の人間のヒーリングを手助けしているだけではないのです。

あなたはこれまで知られていなかった膨大なものの変容を案内することを手助けしているのです。

ではここで小休止を入れたいと思います。
このことについては、もう少しこの章を読んだ後にお話したいと思います。
多分、15分程度の短い休憩をはさみます。

戻ってきたらご質問にお答えしたいと思います。

 

私が読んだ部分は_ _ そして残りをもう一度読みたいと思いますが_ _一番最初の質問に関係することです。

あなたがこれらのエネルギーを扱う時、
あなたは一人の人間のヒーリングを手助けしているだけではないのです。

あなたはこれまで知られていなかった膨大なものの変容を案内することを手助けしているのです。

僕はよくこのように尋ねられます。
誰でもこの周波数を伝えることが出来るのでしょうか?
このリコネクティブヒーリングの周波数を伝えてヒーラーになることが出来るのでしょうか?と・・・

 

私の答えは「イエス」です。

 

誰でもこのレベルに達することができます。
しかし、ソロモンが言うように「目は盲目」でしょう?

ごく少数の人が目を開く勇気を持っています。
そして、しばしば目を開いた彼らは、彼らが見たものによって盲目になります。

これが僕にとってディーパック・チョップラ氏に言われた、

「子供のように無邪気でいなさい」という言葉の意味するところです。

子供にとってはすべてが驚きです。

子供はこの世界を毎日真新しい世界として見ています。

私たちが物事を制限してしまうようなことを子供はしないから、
子供は見たものによって盲目になるということはありません。

恐れを教わっていないから、
子供は自分たちを
「すべきこと」

「すべきでないこと」

義務やまじめさにすら縛ることはありません。

すべては生れ落ちてきた、驚嘆に値する宇宙の一部なのです。

僕も毎日それと同じような興奮を感じています。

【ご感想】九州のお客様へ遠隔ヒーリング

こんにちは~

香月 笑美です。

最近、新月の遠隔ヒーリングが大人気です。

先月お受けになったお客様からご感想が届きました。

実は、九州の方でした。

 

新月の遠隔リコネクティブヒーリング、ありがとうございました。
遠く離れた九州からでも、リコネクティブヒーリングのエネルギーは、はっきりと感じ取れました。始まる前から心臓がバクバクして、足からエネルギーが入ってきたことがわかりました。
段々と上にエネルギーが上がって、手のひらがビリビリ(特に左の掌)雲の上で仙人みたいな人に会った。
持っている杖で頭をコツコツされた(5センチくらいカラダが浮いたように感じた)
そこから急にぐ~~~んと上に上がり、下を見たら家並みが見えた。呼吸が荒くなってハアハアいっている。宇宙みたいなところで亡くなった父の顔が見えた。
香月 笑美という文字(この人からやってもらっている)龍が出てきた、その龍が金色になった。

丸いものがいくつかある。
一つ遠いところからもある。
そこから線が出ていて、一つの丸いものに繋がっていた。
こんな感じの絵を描いてくれました。

私自身が白色、青色に包まれている。
黄色、オレンジの球体がスーッと横切る。
ミラーボールみたいな少し大きめの球体(立体感あり)

DNAみたいな3本の螺旋

終わった後、足裏からスーッとエネルギーが抜けた。

カラダがまったり、手のひらジンジンでした。
夜は良く眠れました。

 

新月の遠隔ヒーリング、お申込みありがとうございました。
この方は、もっといろいろ体験したそうですが、あまりにも多くて、忘れてしまったそうです。
衝撃的だったのは、エネルギーのビリビリを身体中で感じられたそうです。
リコネクティブヒーリングのパワーを実感されました。

新月の遠隔ヒーリング毎月募集中!

2017年新月
3月28日(火)11:57
4月26日(水)21:16
5月26日(金)04:44
6月24日(土)11:31
7月23日(日)18:46
8月22日(火)03:30
9月20日(水)14:30
10月20日(金)04:12
11月18日(土)20:42
12月18日(月)15:30

ご予約お待ちしております。

お申込はこちらをクリック

リコネクティブヒーリングとは、あなたの大切な魂と繋げること~♡

こんにちは~
魂と繋げるリコネクションプラクティショナーの香月 笑美です。
今日もこのブログをお読みいただきありがとうございます。

私がリコネクションやサイキックワーク、ワンネス、レインドロップ、ヴァイブレーショナルレインドロップ
クリスタルワークなどを学んできて、私が一番よかったと感じたことは、

ヒーリング能力を身につけたことでも、
新しいエネルギーを創造したことでもありません。

それは・・・

魂と繋がることが出来たこと

この感覚を体験できたことに感謝なのです。

じつは、リコネクションにおいては
この魂と繋がる感覚がとても重要なんですね。

魂に繋がるのって、インターネットに繋がることに似ています。

自分の知識や経験以外の情報を手に入れることができるのです。
私がいろんな方のお話を聞いても
的確なお答えが出来るのは、魂に繋がっているからなのです。

誰でも魂に繋がることが出来るリコネクション。

リコネクションをお受けになった方は、魂に繋がっているので、
本来のあなたに戻ります。
そうすると・・・とっても楽な世界が広がります。

自分の魂の意志に反することが出来なくなります。
ある意味わがままと、取れるような場面が出てくるかもしれません。

しかしそれは、魂の導き。
それでよいのですよ。
やりたくないことを、嫌々やるのでは、
魂の力が弱ります。(現代人は、そんな方が多いのです)

2017年は心の時代から
魂の時代へシフトする方が増えるとか。

ホントの自分に出会える時代になりました。

あなたも魂に繋がる必要性を感じていますか?

リコネクティブヒーリングとリコネクションが
あなたの扉を開いてくれます。

そして・・・つながったあとに現れる素晴らしい世界を
楽しみませんか?

お気軽にご予約お受けします。
お申し込みはこちらから↓
お申込はこちらをクリック

同じフォトンで引き合うので、付き合う人は変わっていく

こんにちは~
リコネクション プラクティショナーの香月 笑美です。

今日は、付き合う人は変わっていくことについて書きますね。

私は9年前にリコネクションプラクティショナーになったのですが、
ブログもその頃始めました。
当時、お付き合いのあった人たちとは、今では音沙汰がないです。

リコネクションをやっていくことにしたと宣言したとたんに、
何か見えないベールで次元が離れていく感覚がはっきりと感じ取られ、
特に何か問題があって、離れたわけでもないのに
自然と、人間関係が切れてしまいました。

当時は、何が起きているのかさっぱりわからなかったのですが、
ワンネスの学びの中で、その理由もわかり、
私は、魂の勉強が始まったのです。

ちょっとさみしい反面、
これはこれで良いことだということがわかりました。

当時のメンターから聞かされたのは、
付き合う人(絡む人)が変わるというのは、
お互いが成長したからであり、次のステージまたは
次のステップに進んだということなのです。
卒業したということなのですね。

実際に、仕事でもプライベートでも
絡む人は、年々変わっていますね。

最初は、考え方に共感していても、
日々勉強していたり、
日々成長していれば、方向性も変わってきます。

そうすると自然にお互いが離れていく現象が起きてきます。
でもこれは決して悲観的なことではないのですよ。
尊敬する気持ちは変わらないはずです。

リコネクションをお受けになった方から、
同じような質問を受けたので、今記事にしているのですが、
ただ進む道が異なるだけであり、前向きな別れにすぎないのです。

ご縁は大事ですが、これに執着しすぎると、
お互い無駄な時間を費やすだけなのです。
またお互いの周波数が同じになると再会するのですよ。
これも自然なタイミングで。

人生は出会いと別れの繰り返し、
付き合う人が変わっていくというのは、
自然な流れなのです。

別れは決して悲観的なことではなく、お互いが成長した前向きな進歩なのです。
そして別れは新たな出会いも生み出すのです。

仲良しクラブをしてたのでは、何の成長も面白くもないと思います。
共感することはあっても
みんなが考えが違うことは普通のことなので、
それを言い合えない中なんて、何が楽しいのか私にはわからない。
子供のように素直に言葉を発信している私です。笑。

人生は、付き合う人が変わっていくものなのですね~。

リコネクティブヒーリング・リコネクションのご予約は

 

お申込はこちらをクリック

リコネクション:自らの永遠性を思い出す必要があります。

You are bearers of a great light.

We need to remember our eternity.

あなたは大いなる光の運び手です

わたしたちは自らの永遠性を

思い出す必要があります

 リコネクティブヒーリングをお受けになった方のご感想をまとめてみました。

セッション中の体験

ガーベラ足からエネルギーが入ってきたことがわかった

ガーベラ段々と上にエネルギーが上がって手のひらがビリビリしていた
ガーベラ呼吸が荒くなってハアハアいっていた
ガーベラ龍が出てきて、その龍が金色になった
ガーベラ瞼がぴくぴく、手のひらがビリビリしていた
ガーベラ終わったのがわかった。足からすーっとエネルギーが抜けていった。
ガーベラカラダがまったり、手のひらがジンジンしている
ガーベラ良く眠れるようになった
ガーベラ眠りが深くなった
ガーベラ眠るのが楽しみになった

【こんな方におススメ】
●すぐにネガティブに考えてしまう。

●どうせ、自分はダメだし、と卑屈になりがち

●未来に希望が感じられない方

●何となくこれで良いよね~といつも妥協してしまう方

●すねたり、ひがんだりするのが得意

●今、人生の転換期にいて、何をしたらよいかわからない状態

●理由もなく、いつもイライラ

●つい我慢してしまう

●他人がうらやましい

●自分をほめることが苦手

【リコネクションを体験された方の声】
緑ポジティブな言葉や行動をするようになった

緑感じること、気づきが多くなった

緑運気がUPアップした

緑起こることが全て最高だと知り、心が楽になった

緑自分に投げかけると、自分が答えてくれることに気づいた

緑正体のわからない不安がなくなった

緑インナーチャイルドにきちんと向き合えた

緑何も心配ない、大丈夫という安心感がある

緑どんな困難な状態でも、思い込みを変化させれば、自分を救えると感じた。

緑自分のハートについた鍵を外せるような気がする

緑意識する事の大切さを改めて気づいた

【メニュー】

☆リコネクション

☆リコネクティブヒーリング

 

お申込はこちらをクリック

あなたはどこの宇宙と繋がっているの?

こんにちは~
いつもブログにお立ち寄りくださりありがとうございます。
リコネクション サーティファイド プラクティショナーの香月 笑美です。

リコネクションというお仕事をやり始めてから、「宇宙」という単語に沢山であってきました。
以前の私なら「宇宙」という言葉は、日常で使わなかったな~~。

「宇宙てなんだろう?」という疑問が湧く人も多いと思います。

最近、ある方が他界しました。
身近な方の死を体験すると必ず考えることがあります。
それは「生きること」について。

普段はまったく考えないような課題に、
自分を深く観察しますね。

お正月明けから、ずっと最近、そんなことを考えていた私。

「生きること」

その答えは人によって違います。
そして自分の中でも時の流れと共にまた変化すると思います。

この瞬間に何を感じて何を思うのか?
そして、その感じたことを胸に抱き、これからどのように生きていくのか?

30年以上の親友と1月は、毎日のようにそのようなことを語り合っていた私です。

実は、この親友がお母様を亡くされました。
今までいた人がいなくなることは、残されたものにとって、
とても影響があるものですね~。

亡くなった魂は、どこへいくのか?
彼女の不思議な体験を聞きながら、宇宙ってなんだろう?というお話になりました。

あなたはどこの宇宙と繋がっているの?

惑星?地球?天国?

この感覚、人によって様々なんですよ。

例えば、宇宙といったら、スペースシャトルで行くようなイメージをされる人もいます。
これもある意味正解なんです。

よく宇宙と繋がってという表現で、スピリチャル系の方はお話されますが
上のような感覚をお持ちの方には、この意味は、全く分からない世界だと思います。

リコネクションのお話を聞いても
宇宙のどこと繋げるのですか?という質問にも出会うことがあります。

その答えは、
「わかりません」といつも答えている私。

なぜかというと、それぞれの世界観は、すべて違うので
どこに繋がるのかは、その方の創りだした世界に繋がるのです。

リコネクションの創始者エリック・パール氏も
同じことを言います。

たとえば、「宇宙って怪しい宗教みたい」と思っている男性がいたとして、
あなたは、「すべて宇宙にお任せ」という感覚を持っているあなた。

この場合、価値観の違いというより
認識、いや意識の使い方が全然違うので
そのギャップにお互い苦労しているかもしれませんね。

これお互いがお互いのことを理解できずに、
それぞれの主張を繰り返す現象が日常生活に起きてきます。

主張できる関係性であればまだましですが、
主張できない力関係の場合は、とても苦しむことになるでしょう。

学校や就職先で起きている社会現象の根底にあるのがまさにこのような関係性が
生み出しているのです。

最近は、学校や就職が全てではなく、
自分の人生を生きていくことが倖せと、気づいている人が増えてきましたね。

実際にそのような生き方をしている人もいます。
今、二元性の世の中になってきたと言われている理由はこのあたりにあるのかもしれません。

二人に一人は、「宇宙って何?」という感覚のひとたち

二人に一人は、「宇宙と繋がる」という感覚を初めから理解できる人たち

どちらがいいというお話ではなく、

どちらが生きやすいのか、生きにくいのか
それもわからないけど・・・

ただ世の中は今、大きく変化しているということ
私たちの意識も自分としての個としての在り方も
大きく変化している時代に生きているということです。

さて、私が感じる宇宙とは、
私を取り巻いている世界、すべての物事です。

例えば家族や友人関係、
学校や会社、
クライアント様や住んでいる環境などなど

私という人間を学ばせ成長させているすべてのもの。

その中には、自分も含まれております。

自分の体や思考や
リコネクティブ周波数と呼ばれるエネルギーなどすべて。

惑星や地球も宇宙です。

常にセットで存在しているのが宇宙だと思うのです。

自分の人生も宇宙の一部だと思います。

宇宙の中には、それぞれの宇宙があり、主人公がいます。
それがあなた。

自分を取り巻く様々な宇宙(ドラマ)の中で、
自分がどんな主人公を演じるのか、
どんな生き方をするのか
それが宇宙観と呼ばれるドラマのようなものなのです。

そしていま、
自分は宇宙の一部であったことに気づいている人
その宇宙の主人公は自分自身であったこと。

宇宙と繋がるという感覚は
本当に自分がやりたいことを体験する事

リコネクションでやっているのは、
この本質の自分に繋がることを手助けしています。

宇宙の中心である自分自身
自分の内側の声を聴けば何でも知っているのです。

その中心に繋げるのがリコネクションのお役目。

中心と繋がってどんな宇宙(ドラマ)を創りだすのか

自分自身の宇宙としっかり繋がり
【ドラマ・自分】の主人公はあなた自身であると思いだし
望む人生を創造する仲間がどんどん増えるように、
私はリコネクションを通して、
この世の中に貢献しているのです。

最近、こんな仲間(仲間内ではリコネーゼ)と呼んでいます。
リコネーゼがたくさん誕生してくるのを喜びとしています。

ぜひリコネクションに興味のある方
ご予約お待ちしております。