一つのことを除いて何もできなくなった

こんにちは~
リコネクションサーティファイドプラクティショナーの
香月 笑美です。

今日は2015年に新しいリコネクティブヒーリングのトレーニングプログラムに参加してから
私の人生の扉がまた一つ開いたことをお伝えしますね。

2008年から2015年まで、リコネクションの道を歩いていましたが
まるで洞窟の中を一人で進んできたような、未知の世界をさまよう感じでした。

2015年のセミナーは、衝撃的でした。
久しぶりに会うエリック。
リコネクションのエネルギー波動は、やっぱり気持ち良い。

私はヴァイブレーショナルレインドロップを自分のメンテナンスのために受けているので、
身体の中心軸は、しっかり入っているのです。
何もやっていない方は、日常生活の癖などで、中心軸がずれている人がほとんどなのです。

ところがまだワークも始まっていなくて、エリックのお話を聞いている段階で、
中心軸の1,2ミリのずれがあったことが、感覚でしっかりわかったのです。
それがピッタリはまりました。

数ミリのずれもなく中心軸が入ると、どうなるかというと・・・・
ものすごいエネルギーが中心線を通るのがわかるのですよ。

もうなんでもできちゃいます。
世界が一瞬で変わった瞬間でした。(この感覚は個人差があります)

長い間、トンネルのような道を一歩一歩進んで見えてきたものが、
ピンクで表され、
こういう私の未来につながっていたんだという愛のあるリコネクションが見えてきました。

そこが大きな転機となったのです。
どういう転機になったかというと

「ひとつのことを除いて何もできなくなった」

とのちに気づいたのでした。
誤解をしないでほしいのですが、これはネガティブな表現ではないのですよ。
どういうことかというと、
私って昔から「説明できないくらいに、本気になればいろんなことに対応できる」能力があったの。
例えば、仕事モードになった時に、スイッチをONにすると
「苦手なことにおいても対応できる」
「本気になればある程度の物事に関しては平均点以上のことは出来る」
私なんです。

それでいて私の面白いところは、『不器用なんです』

これを伝えると、信じてもらえませんが、
基本、私は不器用な人なの。

よく器用な人だと誤解を受けますが、
本当に器用ではないのです。

ただ労力と神経を使っているだけなのです。

なので人の倍以上、疲れやすいのです。
常にメンテナンスが必要なんですよ。

私が「何もできなくなった」という理由は、
私にとって一番大事な「ひとつ」を守るためなの。
これはもう本能的なもので、直観で、

「今のままのペースではできない。私にとって大事なものがリコネクション。それを育てなきゃと」
と思い、

今までできていたことに関して、省エネモードに切り替えたのでした。
つまり、一つの大事にしたいものを育て、守るために「他の雑事や所用」ができなくなったのです。

その「ひとつ」が今年に残り、受け継がれ、未来に向かって羽ばたいていきます。

2017年、私が育て守ってきた
「ひとつの奇跡」

去年は、実は「導き」としかいいようがない出来事を体験しました。
「導き」っていうのがわからない人のために説明すると・・・

「何をやってもどうにもならなかった問題に対して、”ポン”とひとつの進むべき道を用意される」

というような体験。

こういう不思議な出来事って、昔から「運命」や「導き」という言葉で伝えられいますよね。

私は器用ではないけど、「自分のすべてを犠牲にしてでも努力して乗り越える」ということが
出来る人なんです。

私の進むべき道に関しては努力をしないでも「ポン」と用意されたのでした。
この「ポンと用意されたひとつ」って言葉ではなかなか説明できないのです。

私が受け取るべき「奇跡」としか言いようがないのですね。

進むべき道に関しては努力をしないでも「ポン」と用意された。

ここまでのことを振り返って、ふたつのことをみてみると・・・

一つは、「ものすごく努力をしたけれど、全然扉が開かなかった。突破できなかった」という事実。

もう一つは
「努力を超越して、あなたの中で大切にしたい時間や人、そして出来事が急に”ポン”と自分の目の前に舞い降りてきた」と思えること。

私が受け取る奇跡って、
私の中で大切にしたい時間や人、出来事が、私が受け取るべき奇跡だと気づいたのです。

その奇跡を今年は、
もっともっと大きく、現実的な状況において守り、育てていく時間をすごくことなんだな~と思います。

奇跡と共に、希望の未来に進みます!

今、私が持っている奇跡は、何よりも大事にしたいと思えるもの。
それって言い換えると「愛」と呼ばれるものかもね。

ここでいう「愛」って、
「それに向き合っているだけで倖せ。
もちろん現実的にそこに向き合っていくためにいろいろな問題に
対処していかなければいけないだろうけど、
”なんとかなりそう”、
”きっとできる”という希望を抱かせてくれるもの」
というものです。

私にとってある日、気づいたのが
リコネクションがそれにあたるのでした。

2017年は、
このリコネクション&リコネクティブヒーリングを
沢山の出会いと共に広げ育てていきますね。

ご縁が繋がったら、ぜひお受けくださいね。

お申込みはこちら

お申込はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA