ヒーリングとは?part3 エリック・パール

初期に持っていた私の信念の範囲に収まるようにこれらのことを向け直す意図があったのかもしれません。
そして、その制限の範囲を理解しました。

ヒーリングがこうあるべきという形を監督したり、意図するのではなく、
あるがままに受け入れるということを教えている一方で、私たちが目にした通り
リコネクティブヒーリングは医師・患者・奇跡といったヒーリングに関するものだと決断した瞬間から、
私は形を押し付けてしまっていたと理解しました。

私が意図していたということが問題ではありませんでした。
その意図が特定のものだったということが問題でした。

期待を込めて目を開き、特定の願望と意図を通して、
リコネクティブヒーリングを期待という最も狭い範囲を通して見ていました。

誰もが読める最も重要な本の一冊であると僕が思う本

「人生に奇跡をもたらす7つの法則」の著者であるディーパック・チョップラ氏は、
意図と願望の法則の一つが「結果と執着を捨てること

それは、特定の結果に対する自分の凝り固まった執着を手放し、
不確実さの知恵で生きることを意味する」と説明しています。

私たちの多くはある程度これを実践しています。

今私たちの多くは、ある程度これを実践しています。

私も、ヒーリングの結果に対する執着を手放すというくらいまでは実践しました。

実践しました。

しかし、結果が「ヒーリングである」という執着は手放していなかったのです。

そのため、私は見方を制限してしまいました。
私の経験によって制限してしまったのです。

今あなたも私も前進することが出来ます。

前進するために、意図を常に自覚していなければなりません。
意図は非常に巧妙にしみ込んでいるので、通常、意識のレーダーのすぐ下あたりを
うろついています。

それらがスクリーンで「ビーッ」という信号を発したら、調べるのは私たちの責任です。

隠された意図というのは、私たちが進む方向に影響し、それは時に意識的な意図よりも強く影響します。
なぜならば、私たちは隠れた意図にしっかりと光と当てて、調べることが出来るよう十分に自覚できない
からです。

恐れを知らなければ、それと向き合うことは出来ません。

この本が与える情報として、あなたは他の多くの方が私たちのすべて、私たち自身の進化的転換を経験しています。

今やあなたは異なる感覚で持って聞き、新たな視野で見ることが出来ます。

あなたは他の人がまだ感じることが出来ないことを感じることを学びました。

この新たな気づきを経験することを学んだ時、超越した存在としてあなたの存在に移っていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA