リコネクティブヒーリングの科学的検証

 

アリゾナ大学の意識と健康の進歩研究所(Laboratory of Advanced in Consciousness and Health)のゲーリー・シュワルツ所長率いる研究チームは、同じ木から採取した4群の葉の寿命を測定する実験を行いました。

対象群の葉はそのまま放置され、3〜12日以内に自然に枯死しました。2つめのグループにはレイキのセッションを行ったところ、急速に状態が回復し、以前より青々としましたが、この状態は長続きしませんでした。3つめのグループには気功を行ったところ、レイキに比べて回復は遅いものの、葉はより長期にわたって生き生きとしていました。一方、リコネクティブ・ヒーリングを行った4つめのグループの葉は、急速に状態が回復しました。なかには根を生やす葉もあり、最長で90日間、生気にあふれていましたimage

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA