今の人生が何度も繰り返す転生の一つだとわかれば

今の人生が何度も繰り返す転生の一つだとわかれば、今世を精一杯生きようという気持ちになるのです。
これが一度きりの人生で全く意味がなく、
ただ始まって終わるだけのものでもなく、
もっと大きな全体の中の一部分でしかないことに気づくからです。
私達の魂は真に永遠であることを意識しなければなりません。
この世の人生は、実際には私達の人生ではありません。
劇中のワンシーンのうちの一つの動きでしかないのです。
人生は幻想の中で演じられており、カーテンやベールの外を見せないことでその目的を果たしています。
でも間々にそこを歩いたり離れたりして、ベールがあったことに気づいて次の枠へ行きます。
劇場から離れた時に学ぶべきこと、学び得たことを知るのです。
シーンの中でそれを意識して理解していたら、劇の中での役割はなくなります。
そこから抜け落ちてしまいます。

エリック・パール インタビューより

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA