在るということを学ぶ

まず最初に患者のどこが「悪い」のか判断し、それから「治療」にとりかかる必要はないのだ。ただ患者と一緒にそこにいて、
「不確実さが対処されることを理解すればいい・・・」

僕たちのレッスンは、在るという事を学ぶことだ。
在るということの自由は、行うという圧迫からあなたを解放してくれるだろう。
あなたをこの世のすべての知識を超えたところへと連れて行くことができる「知っているという状態」の種は、ここにある。

リコネクション~人を癒し、自分を癒す~13章

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA