一風変わったリコネクション体験談

image

こんにちは~
リコネクション サーティファイド プラクティショナーの香月 笑美です。

先日、リコネクション2日目を完了いたしました。
その後ブログに体験談を書いてくださったクライアント様。
とても素敵な文面です。

体験をシェアしていただいたときに、感じたこと。
あれ?
今まで聞いていた体験談内容と違う・・・
いろんなヴィジョンが見えたり、聞こえたり、色が見えたり光が見える。
触られたなどなど・・・
そんな部分的な体験談がほとんど。

その意味は、誰にもわからない。

なのに今回のクライアント様の体験談は・・・
映像が見えて、そこでメッセージと思える内容が伝えられています。
それも聞いていて、それはまさにそういうことを伝えているんだよね~という内容。
はっきりと伝えられているのです。

20代 女性の体験談をどうぞ!

CA390002

先週、Eさんのリコネクションを受けてきました。(Eさんのリコネクティブ・ヒーリングを受けた体験についてはこちらにまとめてあります)。

リコネクションとリコネクティブ・ヒーリングは別のものだそうで、今回受けたのは二日間連続で行います。
ちょうど一週間休暇を取っていて、二日間連続で空いていたので、これを逃してはいけない!と思い、無事受けることができました。

リコネクション、詳しくはEさんのブログをご参照ください。

さて、リコネクションの施術中、何か見えたり聞こえたりする人が多く、内容も人によってまちまちだそうです。

私の場合は、その場に存在しないものの音(一日目は鳥の声が2回、二日目はなぜか救急車の音笑)が聞こえたり、触れられた感覚があったり(リコネクションは人に触れないのですが、かなりはっきりと触れられる感覚がありました)、面白い体験があったのですが、何より非常に面白かったのが、一番初めに頭に浮かんだビジョンでした。(ビジョンといっても、私の場合ははっきりと目に見えるわけではないのですが、妄想というか、夢のような感じで頭に思い浮かぶ、という感じです。)

まず私が見たのは、黒い服を着て鼻がとんがった人でした。こう書くと結構おっかない感じですが、実際は手塚治虫の漫画に「オムカエデゴンス」と言いながら出てくる小っちゃい人(ちなみに名前はスパイダーというそうです、知らなかった)を大きくして、目を無くした感じです。
わりとかわいらしい見た目なのですが、ビジョンに出てきたとき、彼は手に銃を持っていました。

私はとっさに、彼の手から銃を払って、でも相手を打つのはかわいそうだと思ったので、押し返しました。するとあっけなくどこかに飛んでいきました。
すると、さっきの黒い服の彼と同じ顔で、でも洋服が真っ白な人がやってきました。そしてわたしを優しくハグしました。「この人はいい人なんだな」と思いました。明るく、ポジティブな感じの人でした。
すると先ほどいなくなっていた黒い人が、大きな大きな風船のように膨らんでいるのに気づきました。そこで、ぷすっと指で空気を抜くと、ぷしゅ~~~と空気が抜けて、小さな妖精サイズになりました。いろいろ悪態をついているのですが、蚊のような声なのでとてもかわいくなりました。

そこから、白い人によるレクチャーが始まりました。
白い人曰く、黒い人はある程度無力かされたけど、殺されなかったのは意味があるそうです。
白い人が大きくふくらんで、黒い人を圧迫する様子を見せながら、こうなってはいけない、と言いました。
その時ずっと軽い頭痛を感じていたのですが、白い人はそれを例に使いました。
たとえば頭痛がしていたとして、白い人が膨らみすぎた状態だと、「大丈夫ー大丈夫ー気のせい気のせい!」と思ってしまい、黒い人が「もしかしたら重い病気かもしれないじゃない!」と言っているのを無視してしまう。そうすると場合によっては、重大な病気を見逃してしまうかもしれない、と。
ここでようやく、白い人=ポジティブさ、黒い人=ネガティブさ、ということなんだなぁとわかりました。
(キャラクターとしては、彼らが言うには、白い人=ポジティブだけど向こう見ず、黒い人=ネガティブだけど論理的で冷静、言ってることは結構正しい、という感じだそうです)。
説明が終わった後、白い人も妖精サイズになった後、基本的に白い人のいうことを優先するように、ただ黒い人の意見も必ず聞くこと、特に重要な局面では、という感じの内容を説明して、終わりました。

リコネクションが終わった後、Eさんとこのビジョンについて話しました。
あまりここまではっきりしたビジョンを見ることは無いようですが、きっと私に必要なことだったから、見せてくれたんだと思います。

確かに自分の普段の考え方を思い出すと、ポジティブさとネガティブさを半分半分にしようとして、でも結局ネガティブのほうが論理的に筋が通っていることが多く、ネガティブが勝ってしまうことが多いように感じます。
特に仕事上ではその傾向が強くなります。リスクを分析し、最悪の事態を考え、予防線をしき、トラブルを回避する。物事は基本的に間違っている前提で見る(クリティカル・シンキングの基本と言われている概念です)。

そうすると、だんだん心の中がネガティブでいっぱいになってくる。ネガティブ自身も、自分をコントロールできていないんじゃないかというくらい、膨れ上がる。そうなってしまうと、いくらほかの人が「ポジティブになりなよ」と言ったところで無理。そもそもポジティブになれといわれても、完全にポジティブになったら「大丈夫大丈夫、わーいわーい」となってしまって、仕事にもならないし危ない。
どうすりゃいいんだー!と思っていました。

このビジョンが言いたかったのは、「ポジティブ7割、ネガティブ3割」くらいで両方共存させるといいよ、ということだったんだと思います。時々8:2くらいになってもいいけど、それ以上ポジティブが増えて、ポジティブがネガティブを圧迫するような状態になってもいけないし、ネガティブはこれ以上増えてはいけない、という、微妙なバランスを教えてくれたんだと思います。
心に留めながら、毎日を生きていこうと思います。

それにしても、運転免許を取るときに見せられる教習ビデオみたいなわかりやすさだったなぁ・・・
以上、彼女のブログより転載しました。

いや~~面白い内容でしょう?
私も聞いていて、ワクワク楽しかったのですよ。
ネガティブとポジティブの共存。
確かにそうなのですよね。
本にまとめると皆様の役に立ちそうだようとお伝えすると、「いずれ本は書きたいと思っているのです。」
というお返事。
まあ~~これはすごいことになりそうです。

彼女のすごいところは、リコネクション中に、「私はどんな仕事についたらよいですか?」と
聞いたのだとか。
え~~~、そんなこと思いつきもしない私。というか初めてセッション中に質問したクライアント様に
出会いました。今まで聞いたこともない。
セッションを受けるにあたって、余裕があるな~~と感じておりました。

そしてその答えは、「自分で考えなさい。白い人、黒い人と一緒になって、答えを見つけなさい。」
というものでした。

はあ~~~、さすが宇宙の叡智は知っておりますね。

彼女が白い人から優しくハグされたというとこで、私にはふっとあることがよぎっていました。
2か月ほど前にみた夢のことが頭をよぎってきました。
その夢は、あまりにも不思議で、夢の中でハグをされ、何かをされた感覚の夢。
そのあとは漫画がでてきたのですが、これはまた後日。

いや~~何らかのシンクロがあるのかしら?とシェアを聞きながら感じておりました。
リコネクション、とっても楽しいセッションです。

一生に一回のリコネクション、受けてみませんか?
人生が加速します。

ご予約はこちらからどうぞ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA